復刻してほしいカオスシードの思い出

随分昔のゲームになりますが、当時のゲームハードウェアの一つであるセガサターンで出ていたカオスシードというゲームが未だに印象に残っています。
ジャンルはアクションシミュレーションとでもいうのでしょうか。
RPGの要素もたぶんにあったゲームでした。ゲームの詳細としてはダンジョンを作成していきモンスターを配置して侵入者を撃退しつつ、エネルギーを生産してまた拡張を繰り返し、最後は一定量のエネルギーを貯めるというものです。
戦闘はアクションRPGといった感じなのですがダンジョンを作りこんでいくところはシミュレーション要素がたぶんに入っており、そのバランス感が最高と言える出来でした。
やることは多いのですが複雑になりすぎずアクション要素で爽快感も得られるのが肝だったと思っています。
今でも客観的評価はは非常に高く次回作を望む声も多かったように感じていましたが、現在に至るまで次回作は作られていないのが残念です。
また、キャラクターデザインの方の絵も非常にポップで美しく、意外にこのゲームとマッチしていたように思えます。
総合的な完成度は今世の中にあるゲームと比べても遜色ないので、今だしても売れるのではないでしょうか。