アークザラッド

アークザラッドについて紹介します。

これは人気のあるシリーズで3までが初代プレステで発売され、すべてクリアしました。

この特徴は戦闘シーンで攻撃をするときに声優さんが話しているセリフをキャラクターが話すことです。

今のゲームから比べるとかなりアナログな作りで、アイテムを買ったり、宿に泊まったりすることもなく、淡々とイベントと戦闘シーンを繰り返している感じでした。

それでもダンジョンがなかなか複雑になっていき、遠くまで行ってスイッチを押さないと門があかないとか、なかなか凝った作りになっていてはまりました。

アニメみたいなキャラクターが平面を移動するのですが、戦闘の時には移動できるマス目が決まっており、移動先を決定して攻撃内容などを選ぶ仕組みです。

今と比べるととても制約のある攻撃の仕方なのですが、融通が利かない中で敵への攻撃がヒットしたり、敵を倒したりできるのがとても楽しかったです。

地味な作業をこつこつ進めるゲームをしたい人には向いていると思います。

戦闘シーンは簡素ですが、ストーリーはすぐに引き込まれるような内容になっており、退屈することなく、どんどん先に進めることができました。

戦闘であまり苦労をしたことはなかったので、ゲームの難易度はそんなに高くないと思います。

最近のゲームは妙に立体的でリアルで迫力もあるのですが、ファミコンのような洗い画像に近い初代プレステのゲームはとても味があり、いまでもたまにやってみたいなあと思います。

特にアークザラッドのシステムそのものがシンプルでとても懐かしいので、初代プレステの代表作ともいえると思います。