ファミコンのコナミワイワイワールドについて

当時、ファミコンでは色々な種類のタイトルが販売されておりました。
ファミコンの代名詞と言えばスーパーマリオブラザーズですが、当時私達の地域で凄く流行ったのがコナミワイワイワールドでした。
コナミワイワイワールドでは、コナミの様々なキャラクターを救出しながら、様々なボスを撃破していくのが特徴ですが、パスワードがまた、新鮮なのです。
ドラクエの復活の呪文みたいな形で常に進行状況に応じてパスワードを確認することができます。
それだけでも十分に魅力的なのですが、主人公であるコナミマンとヒロインであるコナミレディーを使用して、最終的にはマントを入手して空を飛べることができるのです。
また、ダンジョン攻略には一筋縄では中々攻略できずにファミコンさながらの激難しい難易度が待ち受けております。
一番難しいダンジョン攻略の際の仲間については取り合いになった程です。
2Pでもプレイ可能ですので、仲間と協力しながら難解なダンジョンをアクションでリアルタイムに進めていくことができるのも魅力であると思います。
私は、シモンと風魔が好きで、特に友達と進める際には風魔は取り合いでした。やはり恰好良いキャラは取り合いになるのはどのゲームでも宿命であるなと思いました。