新桃太郎伝説

新桃太郎伝説は1993年にハドソンから発売されました。対応をしているハードはスーパーファミコンで、ロールプレイングゲームですね。ファミコンでは桃太郎伝説が発売されました。その後にPCエンジンで桃太郎伝説2が出ました。その次にスーパーファミコンで新桃太郎伝説が発売したと言うわけです。

ファミコン版の桃太郎伝説で鬼ヶ島の閻魔大王は改心しています。そうなので平和な時代が訪れていました。しかし、その6年後に事件が起きます。今度はカルラという敵が現れます。その問題を解決するために主人公は立ち上がり、少しずつ問題解決を行っていくというストーリーです。

シンプルなコマンド形式の戦闘をするRPGでした。ドラクエと似ているといえば分かりやすいですね。また、新たなシステムとして桃太郎の人気というものが追加されました。これはボスの鬼を倒したり修行を最初にクリアーすることで上がります。

人気が上がると宿屋に泊まる時にかかるお金が半分になったり、アイテムを安く買うことが出来るようになります。しかし、敵から逃げたり仲間がやられたりすると人気が下がります。ですから人気を維持することを目指すようになります。それがかなり面白かったと思います。

フィールドでは天気が変化します。雨雲があるときには雷の術が強くなります。雨が降っていると強くなるタイプの敵も居ました。そうなので気候に応じて戦術を変えなければなりませんでした。これも面白くなった要因の一つだと思います。

更に面白いシステムがあります。それは絶好調です。いきなり頭上に星マークがでます。そうなると桃太郎が強くなります。何倍もの攻撃力を発揮できるのです。このような要素が絡み合って新桃太郎伝説は楽しかったのだと思います。