色々批評もあるけど結構楽しめるスターオーシャン3

スターオーシャンシリーズはいくつかありますが、プレステ2の「スターオーシャン3」は特にオススメです。
当時新品で購入しクリアした後にお金に困った時期がありは一度売り払った時があったのですが、生活に余裕が出た頃中古でもう一度買い直したくらいです。
このゲームは大宇宙をベースに、ファンタジー要素たっぷりの王道のRPGです。
ストーリーは大長編で長く楽しめます。CGは2003年発売時の技術なので、若干のしょぼさ・荒さはありますが、プレイする上では許容範囲です。
スターオーシャンシリーズで発売当時初のフル3D化を実現しました。個性的なキャラクターも多く、しっかり有名声優のボイスもついています。
主人公フェイトには、保志総一朗が声をあてています。操作性も難しくはないので、そういった意味では男女共に楽しめるゲームです。
加えてBGMも大変素晴らしいです。サウンドトラックを聞いているだけでも十分楽しめます。
単調な繰り返し音楽ではなく、様々な情景を考慮された素晴らしいものです。
映像だけでなくミュージックにおいてもスターオーシャンの世界観を沸き立たせてくれます。良さはそれだけでなく、自由度が高くマップ探索も楽しめます。モンスターや人間同士の対戦においては、固定されたターン形式ではなく、一定度動き回ることができる形式です。
これは中々良い点で飽きさせません。
とは言えど、これはスターオーシャン3単品のみをプレイした私の感想です。
ようはシリーズを通してプレイしてきた人とは若干感想に差があるようです。
1・2の世界観が3とは違うようなのです。また3の結末を考慮すると、批評も多いようです。
ということもあって評価が別れるようなのです。
でも私のオススメソフトに変わりはありません。