機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DX

機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DXはアーケードから移植された名作です。大戦アクションゲームとして人気があり、とにかく面白いと言った印象です。アクションゲームを作る会社として有名なCAPCOMが開発を担当しているのでとにかく動きが秀逸です。ガンダムやザクが生き生きとして画面内を動き回ります。対戦の駆け引きも奥が深く、やればやるほど楽しくなってくる作品だと思いますね。

使える機体も多いです。強い機体はコストが大きいのでやられると大変です。このゲームはコスト制になっていてそれが無くなると負けです。ガンダムは強いですがやられるとコストが大幅に削られます。弱いジムならそれほどコストは減りません。使い方が大切なのですよね。ジムでも勝つことは出来ます。ガンダムを使ってどんどん敵を倒すと言うプレイも出来ます。要するの遊び方は無限大なのです。このゲームは2対2で大戦をします。チームワークが大切になります。上手くコンビネーションを繰り出すことができれば有利にゲームを進めることが可能です。実際に遊んでみるとかなり駆け引きが大切な作品であることがわかります。格闘ゲームにも通じる物がありますね。CAPCOMは良いゲームを作りました。

プレイステーション2の作品の中でも上位に入るのではないでしょうか。何度も遊んでいると好きになる作品です。続編も色々と出ています。しかし、ゲームスピードが上がってしまい難しくなってしまいました。私は機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DXくらいの速さが好きなのです。じっくり考えながらゲームを組み立てていく面白さがありますね。対戦ゲームですが戦略性も重要になることからシミュレーションゲームのような気分になることもあります。